激安!避妊用ピル

激安!避妊用ピル

避妊方法はいろいろありますが、ピルが手間がかからず安心して避妊できます。

 

ピルを使う方の最大の目的は避妊ですが、副効能として注目を浴びているのが、最近増えている女性特有の卵巣がんや子宮がんの予防や月経痛、月経不順の改善、月経前症候群の改善にも効果があります。
更に価格も安く購入できます。

トリキュラー

ピル トリキュラー

★トリキュラーは日本で一番処方量が多い、一番人気のピルです。
★トリキュラーは身体への負担が軽い低容量避妊ピルです。
★吐き気やむくみ、体重の増加などの副作用が少ないのが特徴です。
★低容量ですが正しく服用すればほぼ100%の避妊効果があります。
1箱は1か月分です。
12箱(1年分) 6,580円 1箱換算 547円

1箱 3箱 7箱

2,980円

3,681円

4,781円

1箱換算2,980円

1箱換算1,227円

1箱換算683円

購入ボタン

避妊用ピル トリキュラーの成分と作用

トリキュラーには卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンが配合されています。
どちらも卵巣から自然に分泌されているホルモンですが、これを薬で補充することで「妊娠しているときのようなホルモンバランス」になります。

 

妊娠を防ぐ作用

 

 排卵しなくなる

 

 精子が子宮頸管を通りにくくなる

 

 受精卵が子宮内膜に着床しにくくなる

 

このうちの1つでもあれば妊娠は成立しませんが、避妊ピルはいわば二重三重の関所をもうけて避妊の確率を高めています。

 

 

トリキュラーは卵胞ホルモンとしてはエチニルエストラジオールを、黄体ホルモンとしてはレボノルゲストレルを配合しています。どちらも配合分量をできるだけ少なくした低用量ピルです。

 

日本では1999年に承認された新しいタイプの避妊薬で、現在、日本で最も処方量が多い人気のピルがトリキュラーです。

トリキュラー(低用量ピル)はホルモン療法にともないがちな、副作用が少ないというメリットがあります。

 

トリキュラーの副効能(避妊以外のメリット)

・卵巣がんの予防
・子宮体がんの予防
・卵管炎などの感染症の予防
・月経痛、月経不順の改善
・子宮内膜症の予防
・月経前症候群の改善

トリキュラーの服用方法

 

月経の第1日目から1日1錠を3週間服用します。 その後の1週間服用を休みます。
この4週間(28日)を1クールとして、これを繰りかえします。
前日のみ忘れたことに気づいたときは、すぐに前日の分をのみ、その日の分も決まった時間にのみます。つまり、1日2錠のむことになります。
のみ始めは、頭痛や吐き気、少量の不正出血などの副作用がでることがあります。 1週間くらいでこういう症状はなくなってきます。

 

トリキュラー(低用量ピル)体験談

30代

 

トリキュラー(低用量ピル)の注文を初めてしたのが約4年前。

 

今回で6回目になります。 ベストケンコーさんを発見するまでは病院で購入していたため、同じものが一か月分あたり2000円程でした。

 

けれど今は約4分の1以下で買え、単純に計算してみたら4年分で7万円以上得をしています。

 

家計の負担にならずにピルの購入が出来、本当に感謝です。

 

自己防衛

 

トリキュラーは避妊の為に使ってます。

 

女性は自分の身は自分で守らないとですよね!

 

妊娠して後悔したくないので、これからもトリキュラーを欠かさず服用したいと思います。